お家で遭遇する害虫の種類と駆除方法

シェアする
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

春が近づき暖かくなってくると、さまざまな虫の動きが活発になり、家の中で害虫に遭遇する機会が増加します。

ゴキブリ、ダニ、スズメバチなどの害虫は衛生害虫と呼ばれ、感染症を媒介します。

また、痒みや痛みを生じさせる原因となる種類の害虫も含まれます。

放っておくと、住んでいる家族に健康被害を及ぼす害虫が、家の中でも繁殖する可能性があるため、殺虫剤などで駆除する必要があります。

今回は、家の中に発生しやすい害虫の駆除方法や殺虫剤の種類などについてご紹介します。

1.害虫・害獣の種類

スズメバチ

スズメバチとの遭遇を防ぐにはまず巣を作らせないことが重要です。

スズメバチの巣作りは4月~6月の上旬とされています。この時期に玄関、軒下、床下、天井裏など、巣を作られそうな箇所にスズメバチの嫌う忌避剤を予め散布しておくことで、スズメバチに遭遇する確率を抑えることができます。

もしスズメバチに巣を作られてしまった場合は、自分で何とかしようとするのは大変危険です。自治体によっては、駆除の対応・代行をしてくれる場合があります。そうでは無い地域の場合は駆除業者を選んで依頼しましょう。

ゴキブリ

ゴキブリは、わずかなすき間にも入り込む薄さや、素早い動作、強い繁殖力に加え、殺虫剤への耐性がついている個体もいます。

また、病原菌を持っている場合があるため、叩いたり素手で駆除することはおすすめできません。殺虫剤やごきぶりホイホイなどの置型のもので安全に駆除しましょう。

シロアリ

日本には主に2種類のシロアリが生息しており、ヤマトシロアリ(4-5月頃の昼前に飛翔)と、イエシロアリ(6-7月頃の夕方から夜間にかけて飛翔)がいます。

シロアリは壁や土の中に巣を作る習性があるので、巣そのものを見つけることが難しい害虫です。

床下に入れるようであれば、まずはシロアリの通り道「蟻道」を見つけましょう。

コンクリートの基礎や束などに砂のような縦に伸びている筋が蟻道です。

シロアリ問題は、その時のシロアリを駆除しただけでは再度巣が作られる可能性もあります。床下・水回りの湿気などのお家環境の改善が必要な場合があります。

ダニ

ダニの繁殖には温度・湿度・エサが必要です。高温多湿を好むため、6~9月頃に発生しやすいとされています。

ダニの死骸・糞・抜け殻がアレルゲンとなり、アレルギー性の鼻炎や皮膚炎、結膜炎、ぜんそくなどのアレルギー反応をもたらします。

小まめに掃除して、ダニの繁殖を防ぎましょう。

ネズミ

環境適応能力や学習能力が高く、警戒心も強いことが大きな特徴です。また、夜行性のため聴覚が発達しています。

繁殖能力も高いため、あっという間に増殖します。雑食性で人間が食べるものなら何でも食べます。

人家に住み着くネズミは、主にクマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミの3種です。

病原菌や寄生虫などを媒介する危険度の高い害獣です。

2.殺虫剤の種類・駆除方法

スプレータイプ

駆除を目的とした直接害虫に噴射するスプレーは、咄嗟に使えるのですぐに対処したい時に役立ちます。虫ごとに殺虫成分やスプレーの形状が異なるので、駆除したい害虫に合わせて選びましょう。小さい子どもやペットがいる家庭でも使用できる成分の殺虫剤もあります。また泡や冷却材で動きを止めるスプレーもありますが、殺虫成分が含まれていない場合もありますので用途に合わせて選択が必要です。

他にも、スプレーすることで害虫を寄せつけない、虫よけを目的としたもの、あらかじめスプレーしておいた薬剤に触れた害虫を駆除できる待ち伏せタイプなどもあります。

置き型

害虫が出そうなところに置いて待ち伏せするのが置き型タイプです。疑似餌やフェロモンなどで誘引しておびき寄せ、薬を巣に持ち帰らせるものや、粘着剤によってそのまま捕獲するものがあります。捕獲するタイプは捕獲した害虫・死骸をご自身で片付ける必要があります。

どこに巣があるのかわからない場合には巣に持ち帰らせるタイプが有効です。死骸を駆除する手間が省けるので、虫の苦手な方、見たくない方にはおすすめです。

くん煙タイプ

部屋の中央にセットしてからスイッチを押し(または水を入れる)、使用方法に沿って一定時間作動させる、くん煙タイプの殺虫剤です。

薬剤が霧状になって噴射されて、部屋全体に広がります。火災報知機やガス警報器が作動することがあるので、注意書きに則ってカバーなどをかける必要があります。幅広い種類の害虫に効く「煙タイプ」、煙をあまり発生させない「水タイプ」、火災報知機に反応しない「ノンスモークタイプ」といった煙の種類があります。また、部屋のサイズに合わせて選べるくん煙剤もあります。

シロアリの駆除

他の害虫と違って警戒心の強いシロアリは、予防のためにと殺虫剤を散布すると別の場所へ逃げてしまう場合があります。

シロアリの駆除にはまず被害箇所を確認する必要があります。

駆除方法の一つであるバリア工法は、床下や壁に薬剤を散布する駆除方法です。即効性・持続性に優れています。また、シロアリの侵入経路に散布することで予防効果も期待できます。しかし、木部にドリルで穴を開けるため、家屋を傷つけてしまう可能性があります。豊富な知識のある専門業者に依頼し、安全に行ってもらいましょう。

3.予防方法

ゴミを溜めない

ゴミはどの害虫にとっても餌や住処になります。ゴキブリは生ゴミの臭いに誘われて家の中に入ってきますし、ハエなども発生します。生ゴミを溜めてしまう前に小まめに捨てることを意識しましょう。また、段ボールにも注意が必要です。段ボールには虫の卵がついている場合があり、そこで繁殖してしまう可能性もあります。

換気する時は隙間に注意

ダニは湿気が原因で発生するとも言われているので、家の換気は必須です。しかし、換気時の窓の隙間や、少し破れた網戸から害虫が侵入してしまう恐れもあります。隙間テープなどで侵入経路になりそうなところを塞いでおきましょう。ゴキブリは排水管を登って排水溝から入ってきたり、通気口を通り抜けてきたりします。排水溝には目の細かなゴミ受けを付けて、通気口には虫よけのフィルターなどを設置しましょう。

4.まとめ

今回は害虫の種類と、ご自宅で使用できる殺虫剤、予防方法についてご紹介しました。自分で駆除しようとして怪我など被害が発生することもある為、安全には十分気をつけて対処してください。

いざ急に害虫が現れると冷静ではいられませんよね。もしもの時のために、出る可能性の高い害虫用の駆除剤を常備しておいてはいかがでしょうか。

ご自身で駆除する自信がない場合や、確実に駆除したい場合はプロに任せるのがオススメです。

すまサポで出来る事

ご家庭で出来ない事はすまサポにお任せください!

すまサポでは、お家の悩みに合わせた様々なメンテナンスサービスを行っております。気になることがございましたら、お気軽にご相談ください!