雨樋が雨漏りの原因に?定期的なメンテナンスを!

シェアする
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

春が過ぎて梅雨の季節が近づいてきました。

今回は雨漏りにお困りのお家だけでなく、戸建て住宅に住んでいるお家なら誰でもメンテナンスが必要になる、雨樋についてご紹介します。

雨樋の部位ごとの役割

雨樋はいくつかの部品を組み立ててできています。各部分に名前と役割があるのでご紹介していきます。

軒樋

屋根から流れてきた雨水を一旦受ける場所です。集水器に向かって少し傾斜をつけることで、雨水を効率よく排水できるようにしています。

集水器

軒樋から流れてきた雨水を下へ運ぶための中間地点です。軒樋を流れてきたゴミも一緒に集まってしまうため、詰まりやすい箇所になります。

呼び樋

軒先の集水器から、壁に沿っている竪樋を繋いでいる部分です。軒先と壁の距離が長いほど、呼び樋も長くなります。

竪樋

呼び樋を通ってきた雨水を、下水や地面へと排水していきます。どのパーツも重要ですが、竪樋がないと軒樋で集めた雨水が滝のように流れ落ちるので、外壁に水跳ねして汚れてしまいます。さらに長期間そのままにすると外壁から雨漏りの原因にもなります。

どんな壊れ方をする?主な破損の原因

経年劣化

雨樋は建物の外に取り付けられているので、常に野晒しです。プラスチック素材の雨樋ですと、より太陽光の影響を受けて劣化が進みます。築年数の古いお家は、雨樋の耐用年数を確認して、破損する前に事前の買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

台風

台風の時期になると、強風や大雨の影響を受けて雨樋に大きなダメージを与えます。強風によって樋同士が繋がっている金具が外れて飛ばされてしまったり、雨水を受けすぎて樋が重さに耐えられず壊れてしまう事もあります。台風シーズンが近づいた際には、大きく破損する前に事前に不具合がないか確認することをオススメします。

ごみの堆積

建物の近くに木が生い茂っているお家や、長年雨樋の手入れをしていないお家は、ゴミや砂などが溜まっている可能性があります。そのまま放置し続けると、雨樋が詰まり、雨水が正しく排水されなくなってしまいます。雨樋から溢れた雨水は、建物の雨漏りの原因にもなりかねませんので、早めの対処がオススメです。

金具のサビ

雨樋は各部分を金具などで留めています。防錆の塗装などが剥げると金具本体が錆びて行き、金属が脆くなり強度が低下します。突然の破損や落下を防ぐためにも定期的な点検をオススメします。

雨樋詰まりの予防方法

落ち葉ネット

軒樋の上に乗せるだけで、落ち葉が溜まるのを防いでくれます。ホームセンターなどでも購入でき、設置も手軽ですので試してみてはいかがでしょうか。

定期的に掃除をする

雨樋は半筒状なので上からゴミが溜まります。掃き掃除だけでも詰まりをある程度予防できます。しかし軒樋は屋根周りの高い位置にあるため、不安な方は無理をせず業者に依頼しましょう。

雨樋を取り替えるなら

硬質塩化ビニル製

プラスチック素材で形成されているので軽くて運びやすく、取り付けも簡単なため、多くの建物の雨樋に使われている材質です。

塩ビは色や形の種類が豊富なのも特徴です。しかし、紫外線や雨風で劣化しやすく寿命が短いという点がデメリットです。耐用年数が10年ほどと言われているため、日差しの強い方角の雨樋などは経年劣化で割れやすくなります。

銅製

価格は他に比べると高価ですが、塩ビの雨樋よりも耐久性があります。
銅は金属の中では軽量で加工が簡単にでき、錆びにくいというメリットがあります。
銅は経年と共に緑青(ろくしょう)という青緑色の錆が現れます。この緑青が銅の表面を覆い、酸化するスピードを緩める働きがあります。また、和風なお家に雰囲気が合い、経年と共に風情のある見た目に変化します。

ガルバリウム鋼板製

ガルバリウム鋼板とは、鋼板にアルミと亜鉛の化合物にメッキを施した素材です。
トタンも鋼板にメッキを施した建材ですが、ガルバリウム鋼板は従来のトタンよりも錆が発生しにくく、耐久性や耐候性が高いため長持ちします。しかし、ガルバリウム鋼板は単価が高いので採用されにくい面もありますが、長い目で見た時に買い替えが少なく結果的に安く済む場合もあります。

ステンレス製

ステンレスは、鉄にさまざまな金属を化合した合金の一種です。表面に薄い保護皮膜が生成されることで、錆が発生しにくいという特徴があります。ほとんど錆が発生しないので耐久年数が長く、価格は金属製の雨樋の中では安価です。強度が高いので、台風の発生が多い地域では特にオススメです。しかし、金属ですので傷が付きやすいというデメリットがあります。
雨樋は目立たないパーツですが、お家を長持ちさせるために重要な部分になります。耐久年数や価格、見た目などの基準からご家庭に合った雨樋を選びましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

雨樋は目立たない部分ですが、お家の寿命を伸ばす重要な役割を持っています。定期的にメンテナンスすることで大きな破損を防げる場合もありますので、この機会に是非一度確認してみてはいかがでしょうか。

ご家庭で出来ない事はすまサポにお任せください!

雨樋洗浄バナー

すまサポでは、お家の悩みに合わせた様々なメンテナンスサービスを行っております。気になることがございましたら、お気軽にご相談ください!

結露防止キャンペーン

最適なサービスを診断

CHECK

あなたのお住まいは?