【排水管・屋根裏編】ネズミの侵入経路について

シェアする
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

ネズミはどこから入ってくる?対策はないの?

家は常に清潔に保っておきたいものです。 それぞれのご家庭が掃除をしたり、補修を行ったりすることで家をきれいに保っていることでしょう。
しかしながら、どれだけ内側から完璧に清潔にしていても、外から害がやってきたときはその限りではありません。

特に、ネズミが侵入してきたときは大変です。
今回はこの動物の侵入経路を抑えた上で、適切な対処法を学んでいきましょう。

この記事でわかること

  • ・ネズミの侵入経路
  • ・火災につながるケースもある
  • ・ネズミの侵入対策
  • ・それでもダメな時は業者に依頼しましょう

家に穴が開いていたら注意!

小さな動物はどんなに小さな穴であろうと簡単に潜り込んでしまいます。
たとえば家の壁に穴があったりしたら、そこに目を付けてあっという間に侵入してしまうのです。
新築の家ならともかく、古い家はなおさら注意すべきでしょう。
木材が雨風に晒されると耐久性が落ちてしまい、穴が開いてしまいます。

特に気を付けたいのは屋根です。
家の壁なら常にチェックすることが可能ですが、高いところにはなかなか目が届きません。
しかし、雨や鳥の糞などによって腐食しやすい箇所であるため、頻繁に穴が開いていると思っていいでしょう。
そして、小さな動物は簡単に高いところに上っていけるため、いともたやすく侵入されてしまうのです。

また、屋根と壁をつなぐ部分も隙間が生じやすい箇所です。
天井などから足音が聞こえてきたら、屋根に穴が開いていると思っていいでしょう。

ネズミは排水管からも入ってくる!

そのほかに注意すべき箇所として挙げられるのが排水管です。
通常配管は水などが漏れてしまうといけないので、頑丈に作ってあります。
ですから簡単に穴は開かないのですが、だからといって注意を怠っていいわけではありません。
配管を家に導入する際には、家の壁に穴を開けなくてはいけません。

本来なら配管と家をつなぐ部分は厳重にふさがなくてはいけないのですが、そこにちょっとでも隙間があると、ネズミは目を付けるのです。
場合によっては歯でかじってしまって中に入ってくるケースもあるでしょう。

さらにおそるべきことに、種類によっては排水溝からでも強引に侵入してくるものもいます。

ネズミを放っておくと、どんな被害が起きる?

単に侵入されるだけなら放っておいても問題ないでしょう。
しかしながら、小さな動物はあらゆる形で家に被害を及ぼしていくのです。

まずは食べ物の被害が挙げられます。
備蓄しておいた食糧がかじられてしまったら、それはもはや食べられません。
一目でかじられてしまったとわかるのであればすぐに捨てれば済む話です。
しかし、場合によってはかじられたとわからずにそのまま調理してしまうこともあるでしょう。
そうなってしまえば、かじられた部分にウイルスが混じり込んでいると、病気を引き起こしてしまうこともあるのです。
食料のチェックはこまめに行っておきましょう。

その他の被害としては糞害が挙げられます。
家のいたるところに糞をまき散らされると、清潔さは損なわれてしまいます。
ただ単に汚くなるだけならまだしも、糞の臭いにひきつけられた害虫がやってくるケースも覚悟しなくてはいけません。
そして、なにより注意すべきなのが家電製品のコードをかじられてしまうケースです。
ネズミは食べ物でなくても歯でかじってしまうため、コードも例外ではないのです。

電線がむき出しになってしまったコードは火花を起こします。
小さな火花でも壁などに近づければ発火する可能性もあるので、火事の原因になりかねません。
このように小さな動物はありとあらゆる形で被害をもたらしていくのです。

ネズミに侵入されないような対策は?

ではどうしたら侵入を防げるのでしょうか?
まず真っ先に行いたいのは家の穴という穴をふさぐことです。
一見して入り込めないような小さな穴でも、念には念を入れて金ダワシを使ってふさいでしまいましょう。
そのほかにはパテや金網などを使ってふさぐ方法もあります。
特に市販されているパテの中には、害虫が嫌う成分を混ぜ込んだ商品が発売されているのでおすすめです。

また、屋根のような高いところは業者に任せて定期的に補修をするようにしましょう。
そのほかにも排水溝をこまめに掃除しておくのも大切です。
専用の薬剤などを使ってこびりついた汚れを取っておけば、侵入される可能性を減らすことができるでしょう。
家の中が不潔になっていると、小さな動物はその汚れに目を付けてきます。

逆に清潔に保たれていれば侵入しようとは思いません。
悪臭を漂わせる生ごみなどは頻繁に捨てるよう心がけましょう。
食器も頻繁に洗っておくことが重要です。

また、家の周りも清潔に保っておくのも欠かせません。
家の周りに雑草などが生えていれば、小さな動物はそれを餌にしてしまうのです。
定期的に草刈りを行うことによって害虫を寄せ付けないようにしましょう。

業者に任せておけば安心!

とはいえ、ここまで対策したのに結局ネズミに入り込まれてしまった、という経験をしたことのあるご家庭もいるかもしれません。
その際はプロの業者に任せるのが一番です。
駆除業者は今家に入り込んでいる害虫を駆除することだけが仕事ではありません。

さらにもう二度と家に害虫が入り込まないような対策もしてくれるのです。
業者は家中を綿密に調査してくれるので、一般人にとって目につきにくいようなほころびも見逃しません。
縁の下のようななかなか入り込みづらい箇所にできた穴もしっかりと補修してくれます。
家に取り付ける金網なども市販されているようなものよりも頑丈に仕上がっているものを使用してくれますし、薬剤もさらに強力なものを使用しています。
最近の害虫は進化を遂げていて、市販されている薬剤に耐性を持ったものもいるのです。
それゆえ、食べさせて駆除するタイプの薬剤を買ったけれど一向に家から出ていく様子がない、というご家庭はなおさら業者を利用するべきでしょう。

なにより、駆除業者は1回駆除を行った後でもアフターケアを行ってくれます。
業者にお願いしたのにまた害虫に入り込まれてしまった、というときは改めて駆けつけてくれて、無償で対応してくれるのです。
自分で行う対策に比べれば費用はかかってしまいますが、その分確実な効果が見込めるでしょう。

排水管洗浄 初回:7000円 (税込み)

網戸張り替え 初回:1000円(税込み)/ 1枚

住宅診断 初回:10000円 (税込み)