ベランダトップコート

放置して大丈夫?ベランダのひび割れ原因と補修対策

シェアする
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

毎日を過ごす中で、ふとベランダ床にひび割れを発見した場合、皆さんはどのような対応をするでしょう。

「小さいひび割れだし放置しておこう」「また機会があるときにでも考えておこう」など、気づいているけれどまだ大丈夫と気にしない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このベランダ床に現れるひび割れは、実は放っておくと雨漏りや他のトラブルを引き起こしてしまう可能性のある、大事なメンテナンスのサインです。

しかし、中にはベランダに発生した小さなひび割れで何故雨漏りになるのか、どんなトラブルになるのか想像し難い、という方も多いと思います。

そこで今回の記事では、ベランダ床に発生するひび割れの原因と、ひび割れが入ってしまったときに行うメンテナンス方法を紹介します。

ベランダのひび割れの原因

ベランダ床のひび割れ

経年劣化

ベランダ床にひび割れが出来てしまう主な原因は、長年浴び続けている紫外線や雨などが原因の経年劣化です。

建物は常に雨風や温度変化にさらされ、過酷な状況にあるといっても過言ではありません。

したがって、どんなお住いのベランダであっても年数の経過とともにひび割れは発生してしまいます。

トップコートの劣化

そもそもとして、トップコートとは一体何なのでしょうか。

一戸建てのベランダに施工されている防水で身近なものにFRP防水と呼ばれるものがあります。

この防水は層のように重なって仕上がっており、家の役割で重要な役割を持っています。

防水層は雨水の建物内部への侵入を防ぐために重要なもので、トップコートはこの防水層を守るために施されます。

トップコートの役割としては大きく2つあります。

  • 紫外線から防水層を守ること
  • ベランダ床の滑り止め効果、また遮熱効果など(特殊効果付きタイプのみ)

防水層だけでは紫外線でひび割れてしまい、雨漏りを十分に防具ことができないため、トップコート塗装が行われます。

そのため紫外線が最も当たるトップコートも、年数を経て一番初めに劣化します。

紫外線によりトップコートが硬化し縮んでしまいひびが発生するのです。

補修が必要な劣化症状

ベランダ床の劣化症状(膨らみ)

では実際にどのような症状が出ていればメンテナンスが必要だと判断すればいいのでしょうか。

トップコートの塗り替えが必要かどうかの判断材料の一つとして参考にしていただきたいものが年数以外に、劣化症状の有無 があります。

建物の建っている環境や、人の出入り具合によって建物自体の傷み具合というのは変わってきます。 代表的な3つの劣化症状を紹介しますので、見つけた場合はベランダメンテナンスのサインとして確認してみてください。

表面のひび割れ・剥がれ・膨らみ

ベランダに塗装したトップコートの剥がれやひび割れは、経年劣化や紫外線を浴び続けることで傷み、防水層との接着力が弱まることで発生します。

この小さなひび割れなどの間から雨水等が染み込むことでベランダや屋上が傷んでしまう原因となります。

このような症状を発見したときには、ダメージが蓄積する前に塗装をし直し耐久性を良くすることが必要です。

表面の色あせ

ベランダ床の表面の色あせは、比較的緊急度の低い劣化の初期症状です。

しかし劣化し始めていることには変わりませんのでトップコート塗り直しを検討する時期と言ってもいいでしょう。

すぐに防水層がダメージを受けることはありませんが、時間の経過とともに注意が必要な症状です。

チョーキング

チョーキング(白亜化)とは、塗料に含まれている顔料がベランダ床の表面にチョークの粉のようになって出てきてしまうことです。

気温変化による熱や紫外線、風雨などによって劣化することにより発生する現象と言われており、触れると手に粉が付着します。

床面を触って白い粉が付着したら、トップコート塗り替えのサインです。

ひび割れ対策と補修方法

防水工事

ひび割れなどの劣化症状を見つけた際の対策として有効なのは防水工事です。

なお、症状によって必要なメンテナンスは変わるので、ベランダ床の症状に一番適した方法で対策を行うのがベストと言えます。

トップコート塗装

築10年未満で表面のみのひび割れであれば、トップコート塗装をオススメします。

一般的にトップコートの塗り替えに適した期間は5年に一回と言われています。トップコートの塗替えを小まめに行うことで、防水層の寿命が伸びるため、防水工事の頻度をへらすことに繋がります。

なおトップコートは防水の種類によって変わるため、プロにお住まいの状況を点検してもらった上で、お住い環境の防水にあったトップコートを施工しましょう。

防水工事

築10年を過ぎていて、防水層も劣化している場合は、防水工事の施工を行いましょう。

前述の通り、家の防水で重要な役割をしているのが防水層です。

この防水層が劣化しひび割れてしまった場合、ひびの間から雨水が浸透します。

紫外線で更にひびが深く大きくなってしまうと入り込んだ水がベランダの裏側にまで染み込み雨漏りしてしまいます。

外からベランダを見上げたとき、ベランダの床の裏部分に染みができていたら雨漏りしていますので、早急に防水工事が必要です。

雨漏りが酷くなってしまうと、防水工事だけでなく軒の張替えや、木部の交換と言った大掛かりな工事が必要になるケースもあります。

雨漏りが起こる前に定期的なメンテナンスを行いましょう。

まとめ

ベランダひび割れは経年劣化によるものがほとんどです。

小さなひびだからと放置してしまうと、ベランダ床から雨漏りしてしまい大掛かりな修繕工事が必要になってしまう可能性もあります。

ベランダのひび割れは見つけた時点でプロに相談、点検を行ってもらうことを推奨します。

すまサポで出来ること

すまサポではお客様のお住いの悩みに合わせた様々なご相談も承っております。

お住まいのことでお困りごとがある方、ご相談されたい方などお気軽にお問い合わせください。