お風呂・トイレ・キッチン・洗面所の排水管。嫌な 臭い の原因と対策

シェアする
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

夏が近づき暑くなってくると、排水管内に付着している汚れから雑菌が繁殖し、嫌な臭いがしやすい環境になります。

排水管の汚れは臭いの原因になるだけでなく、つまりの原因にも繋がりますので、小まめな掃除と定期的な点検が大切です。

今回は場所別に、よくある臭いの原因と解決方法をご紹介します。

臭い の原因

気温が高い

気温や湿度が上がると、臭いの元となる菌の繁殖が活発になるため、夏場は特に臭いが気になる時期です。

キッチン排水口のゴミ受けに生ごみを溜めない、排水管は定期的に市販のパイプクリーナーで洗浄することで臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えることができます。

封水切れ

排水トラップの封水が無くなってると、排水管から臭いが上がってくるだけでなく、排水管を通って、害虫の進入経路にもなってしまいます。

長期旅行の際は、封水が蒸発して無くなってしまっている可能性があるので注意が必要です。家を長く空けた時や、しばらく使わなかった水回りは、水を流すことで封水切れを解決できます。

長期間家を空けていなくても、突然封水が無くなっている場合もあります。マンションやアパートでは上階の住人が大量の水を流した際に影響を受けて封水が吸引されることがあります。

こちらも排水口に水を流して封水を補えば臭いが収まることがほとんどです。

お風呂

髪の毛や石鹸カス、皮脂垢、水垢などによる汚れでつまることが多い場所です。これらが溜まり、ぬめりやカビが発生して臭いの原因になっている可能性があります。特に石鹸やシャンプー・コンディショナーは、ぬめり状の汚れになります。髪の毛がそのぬめりに絡むことで、浴室のつまりが起こります。

排水口に取り付けられている目皿やヘアキャッチャーを掃除しても臭いが気になる場合、その奥の排水トラップが原因かもしれません。排水トラップを外して掃除し、封水切れなどがなく正しく設置されているかを確認してみましょう。

トイレ

トイレで下水の臭いがする原因として多いのは、つまりによる封水切れです。つまりが原因で封水が減っている場合は、一時的に封水を補っても解決することはできません。つまりかけのまま使用を続けると逆流する可能性もありますので、早めに業者に依頼しつまりを解決しましょう。

また、長期間使用していなかった場合などの、蒸発による封水切れの場合は、一度トイレの水を流すことで封水が補われ臭いが収まります。

他にも、封水以外の原因としては、便器の劣化により汚水が染み出している場合があります。また、古い便器の場合は床との間に隙間が生じて下水の臭いが漏れていることもあります。部品の破損は修理で対応できますが、便器の破損は便器ごと交換が必要になります。

トイレの耐用年数は15年ほどとされていますが、故障していなければ継続して使用できます。しかし、水漏れやつまりなどのトラブルが頻発しだすと、トイレの老朽化が進んでいるサインですので、点検や買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

キッチン

キッチンの排水口は、食べカス、生ゴミ、油、水アカなどが溜まると、臭いの原因になります。特に油汚れは排水管内に付着しやすくつまりの原因になりやすいので、フライパンや皿の油汚れは洗う前にふき取るようにしましょう。

また、シンクのゴミ受けの下にある椀トラップ(排水トラップ)に汚れが溜まっていたりズレていたりすると、悪臭の原因にもなります。

封水が減っている場合には、排水溝から下水臭さが逆流してきます。

臭いが気になった時は一度椀トラップを掃除して確認してみてください。

また、シンクの下にある排水パイプが破損していたり、排水パイプと床下の塩ビ管との間に隙間があったりする場合も臭いの原因となります。排水パイプの破損は水漏れの原因にもなりますので、一時的な補修ではなくパイプごと交換して修理しましょう。排水パイプの交換は後々水漏れの原因になる可能性があるため、プロにお任せするのが安心です。

洗面所

洗面所の排水管は比較的細く、流れ込んだ髪の毛、石鹸カス、水アカなどが溜まり、詰まりやすいので臭いの原因になっている場合があります。

また洗面台の下の収納部分に物を詰め込んでいると、気づかぬうちに排水管を破損させていたり水漏れしていたりする場合があります。洗面台下収納を開けた時に下水臭いと感じたら、排水パイプ部分を確認してみてください。

排水トラップは、構造によっては分解して掃除できるタイプもあります。ただし、それより奥でつまっている場合は家庭での掃除は難しく、業務用の高圧洗浄機で排水管の掃除をする必要があります。また、キッチン同様に取り付け後に水漏れが起きる可能性がありますので、プロにお任せするのがおすすめです。

まとめ

ご紹介したように臭いの原因は場所や生活環境によって様々です。普段の掃除で解決できることもありますが、経年劣化や、自分では落とせない蓄積した汚れが原因の場合もあります。

臭いの問題はデリケートで、排水口を掃除しても、自分では掃除できない排水管の奥に臭いの原因があると、ご自身では解決できないかもしれません。

お困りの際は掃除のプロに相談してみてはいかがでしょうか。

すまサポができること

ご家庭で出来ない事はすまサポにお任せください!

すまサポでは、お家の悩みに合わせた様々なメンテナンスサービスを行っております。気になることがございましたら、お気軽にご相談ください!